ワッペンを使って既製品に手作りの味わいを

ハンドメイドが苦手な方でも

ワッペンというと、ハンドメイドをしない方にはあまり身近なものではないでしょうか。私は真っ先に、母の手作りスクールバッグにたくさんのワッペンが付いていたことを思い出します。シンプルな形のかばんに可愛いワッペンが印象的でした。最近では裁縫の苦手なお母さんが、子供のスクールバッグをハンドメイド作品のサイトで購入する時代ですが、そこに子供の好きなワッペンを付けるだけでお母さんの手作り感がプラスされておすすめです。裁縫が苦手な方でもアイロンで接着するだけのものがあり簡単に出来ることも、魅力の一つです。既製品の洋服や身の回りの小物にも、小さなワッペンを付けるだけで名札代わりになりますね。しかも価格は数百円からあり、子供と一緒に配置を考えて付けていくと親子で楽しむことが出来ます。

世界に一つだけのオリジナルワッペン

絵や写真を送って依頼することで、世界に一つだけのワッペンを作ってもらえるサービスもあります。図案のデータがあるとさらに簡単に見積もりを取ることが出来るので、パソコンの得意な方は自分でデータを作ることをおすすめします。細かな模様で刺繍では表現できないものは、絵をプリントしたものをワッペンに仕上げることも出来ます。自分で考えたオリジナルキャラクターのワッペンや、野球チームのロゴをオリジナルワッペンにするのもいいでしょう。私は子供の描いた絵でオリジナルワッペンを注文し、子供の持ち物のワンポイントにしています。子供も気に入って大切に使ってくれ、お友達の評判も良いようです。

ワッペンとはドイツ語で紋章と言う意味です。元々、格式や権力を表すマークだったのですが、現在はブレザーなどの胸に装飾や所属を表す物として使われています。最近は子供の持ち物の目印としても重宝されています。