CADの導入の3つの利点はこれで利益をもたらす!

いまや製図だけではない

CADソフトは2次元の製図用ソフトでありましたが今のソフトは格段に機能が増えています。例えば、3Dモデルを作成することで視覚的なイメージがわきますし、組立図や干渉チェックに最適になります。3Dモデルからの2Dの作成も非常に効率的で作業がスムースになります。さらには、解析ソフトが組み込まれている場合は、強度や振動解析をすることができ機能を保証することができます。

やり取りが簡単で便利

出来上がったモデルをいろいろなソフトや企業とやり取りすることで効率的なビジネスができます。例えば、加工メーカーに製作を依頼する場合紙でのデータではなく、3Dと2Dのデータを渡すことでスムースにコミュニケーションができます。また、解析業者に委託するときは、データを渡すだけですぐに解析ソフトにかけてくれます。このように、ソフト間で汎用性のあるCADソフトを利用することで利便性を高めることができます。

教育が充実しているので安心

有名CADソフトは教育が充実していますので安心です。書籍ではCD付きなどで分かりやすく教材を使ったトレーニングをしてくれますし、メーカーが主催の研修では実際に講師から聞くことで講座のような形態で行われます。サポートセンターもあり、不明な点を電話やメールで聞くことができます。リモートサービスもあり、メーカーが使用しているパソコンに入って操作をすることで対応するサービスもあります。より効率化するためには、マクロやプログラミングなどのカスタマイズもあります。自動設計などがこれに該当します。

電気CADとは電気設計に特化して作られたCADです。電気設計をサポートしてくれるので大手自動車メーカーなどのほとんどが導入しています。