大きな声では言えないけど・・・整形ってできるの?女性器のコンプレックス

私のって変なの?性器に悩みを持つ女性は意外に多い

顔やスタイルなどの外見にコンプレックスを持つ人がいるように、目に見えない部分に大きな悩みを抱えている人も多くいます。

そのひとつとして、女性器に悩みを持つきっかけとなるのはどんな時でしょう。自分で見たときに形や大きさ、色がなんか人と違うかも?彼氏や夫に言われて初めて気づきそして自覚した?後者の場合は、ひどく傷つき関係そのものが修復不可能になることだってあり得ますね。こんなところ変えられるわけがないんだからとあきらめるしかないんでしょうか?

女性器整形はできる!?失敗しない病院選び

小陰唇とよばれるビラが大きい、左右の大きさが違う、黒ずんでいるなどの方には小陰唇縮小手術があります。肥大した小陰唇や黒ずんだ部分を切除し、小さくきれいに仕上げてくれます。また、大陰唇が肥大したり逆に痩せてしまったりという方には縮小手術、肥大手術があります。

膣内が出産や加齢により緩んでしまったという方には膣口を狭くしたり、膣内にヒダを作ることもできます。陰核(クリトリス)包茎手術も可能です。

陰部の「わきが」のことを「すそわきが」といいますが、わきがと同じくアポクリン腺とよばれる汗腺から分泌される汗は独特の匂いを放ちます。最新の治療法としては、ビューホットと呼ばれるもので、極細の針を刺入してそこから高周波照射し腺組織を凝縮させ機能を失わせます。この治療は、効果がすぐに表れるだけでなく施術時間が短く傷や痛みも少ないということが魅力ですが、保険適用外なので費用が高額であったり、術後に針の跡が色素沈着することがあるということです。

いずれにしても、成功率は高いといわれる女性器の整形ですが、リスクを含め医師と納得いくまで相談し、後悔のない決断をしましょう。

女性器整形の技術に定評のあるクリニックを選ぶ際には、カウンセリングを通じて執刀医のこれまでの経歴や術後のケアの内容などを確認することが良いといえます。