自分の事だけでなく相手のことも思いやるのがEMC試験!

我々は電磁波の中で生活をしています。

EMC試験は一般の方には馴染みが薄いですが、工学部出身者にとってはメジャーな試験です。EMCとはElectro(電気)・Magnetic(磁気)・Compatibility(両立性)、日本語では電磁両立性のこと、つまり、電気機器は電磁波を発する場合もあれば受け止める場合もあり、電磁波の出具合を診断するのがEMC試験です。電子レンジの近くにラジオを近づけると雑音が入るのは、電子レンジの電磁波がラジオの機能を阻害するからです。私たちの暮らしの中には、携帯電話・スマホ・電子レンジなど電磁波を発生するものであふれています。電磁波は、機械だけでなく人体にも悪影響を及ぼします。

EMC試験には電波暗室が不可欠

国内で流通している商品はEMC試験は経ているため安心して利用出来ますが、海外で製造された安価なものは電磁波による悪影響が心配です。EMC試験では、電磁波が発生しているかを調べるエミッション試験と電磁波を受けるイミニティー試験が行われるため、電波に影響を受けない電波暗室(シールド空間)が必要になります。大手電機メーカーは自社で電波暗室を持っていますが、電波暗室の利用頻度は少なく、初期の設備投資額や維持費が多額になるため、中小メーカーの場合はEMC試験を専門に行う業者に依頼するか、必要な時だけ賃借りするレンタルが一般的です。EMC試験の費用と期間は製品によって異なりますが、EMC試験を専門に行う業者は試験を熟してナンボの世界なため、他のサービス業同様に試験料金を抑える努力がされています。

EMC試験というのは電気製品の内部から発生する電磁波の影響を外部に与えていないか、または外からの電磁波に影響されていないか調べる試験の事です。