知っていると得するかも?酸洗いの仕組みと後処理について

酸洗いの特徴と利点って何?

酸洗いとは、ロウ付けや溶接、金属の熱処理によってできてしまった、サビ・酸化皮膜・不動態皮膜・スケール・焼けなどを取り除く作業のことです。主に塩酸や硫酸を使って除去します。素材を美しく、研磨作業の時間を短縮するためには、スケールをしっかりと取ることが重要です。また、メッキを付ける前にも行われます。ここできちんと酸処理をしておかなければ、メッキが綺麗に密着せず剥がれてしまいます。チタンを研磨する際にも酸洗いを行います。チタンの表面にある酸化皮膜層を酸で取り除くことで、チタンに光沢が出るようになります。酸洗いは、電解研磨やショットブラストなどの他の処理に比べ、安いコストで行えます。焼け取りには最適の処理法と言われています。

酸洗いは素人でもできるの?

酸洗いを、十分な知識や資格を持っていない素人が行うのは危険です。薬品を使う酸洗いを軽い気持ちで行うと、作業をする人の健康面に悪い影響を与えてしまいます。また、酸洗いを行った後は排水処理をしなければなりません。廃液には溶けた金属が入っており、溶けた金属の状態が硫酸銅や塩化第二鉄のままであれば除去は簡単ですが、キレートイオンなどの状態になっていると沈殿しにくく、処理をするのが難しくなります。安易に川や下水に流すと環境を汚染してしまい、また酸処理によって有害な亜硝酸ガスが発生する場合もあります。素人が酸洗いをするのは大変危険です。酸洗いは、十分な設備の整った専門の会社に依頼しましょう。自分でやろうとせず、専門家に任せてください。

酸洗いとは、塩酸などを使って金属表面のサビなどを取除く処理のことです。本処理を実施する目的は、製品作りの工程をスムーズにすることです。