コンプレックス解消!包茎を治療するオススメの方法

包茎には2種類のものがある

包茎を治療する方法としては手術しかありません。薬などでは治療は行えないので注意が必要です。また包茎の手術をする際に知っておきたいことが1つあります。それは、包茎には病気のものとそうでないものの2種類があるということです。病気の包茎としては、真性包茎やカントン包茎があります。こちらはあくまでも病気なので、コンプレックスの解消というよりも治療の必要があります。もう一つの病気でないものとしては仮性包茎があります。仮性包茎は良くないものとして言われることが多いのですが、実はそれは日本に限ったイメージです。西洋や欧米では仮性包茎はむしろ普通であり、コンプレックスに感じる人はほとんどいません。つまり、仮性包茎はそもそも治療の必要がないものだということです。

包茎手術が行える場所

包茎の治療法は手術しかないのですが、手術できる場所は2つあります。1つは泌尿器科の病院です。泌尿器科はあくまでも病気の治療を目的としているので、あまり見た目に力が注がれることはありません。しかし、真性包茎やカントン包茎の場合は保険が適用されます。保険適用の場合は治療費を大幅に節約できるので、病気の包茎である場合は泌尿器科がオススメです。もう1つは包茎専門のクリニックです。こちらは見た目の改善に力を入れていることが多く、仮性包茎のような、病気ではないがコンプレックスを解消したい場合にはオススメです。多少お金はかかりますが、その分綺麗にしてくれるのでコンプレックスは解消できるはずです。

包茎の外科手術は、数時間で行うことができ、最近では日帰りの手術を推奨している泌尿器科のクリニックも登場しています。