ビジネス英語力アップ!確実に伸びる勉強方法

英語力は差別化を図るための良いツール

就職活動中の面接、就職してからも上司との評価面談にて、英語力をアピールしたいビジネスマンは多いです。ビジネスのグローバル化が進んでいますので、英語が使えることは周囲との差別化を図るための武器になります。ビジネスレベルに英語力をアップさせるには、どのように勉強したら良いのでしょうか。今回は、ビジネス英語の勉強方法についてまとめてみました。

スピーキングを重視してみよう

学校での英語教育ではリーディングや文法を中心に指導を行っています。どちらも語学を勉強する上で大切なものです。しかし、仕事の場面では文章を読むだけの業務はなかなか少ないもので、実際には外国人とミーティングをしたり英語でメールを送ったりする機会があるものです。ビジネス英語を身に着けようと思った時は、もっとも手がつけられていない、スピーキング重視の勉強法にトライしてみてはどうでしょうか。最初は海外旅行レベルから始まるケースもあります。それでも、ビジネスのシーンで使われる表現は限られますので、ある程度のパターンを身につければ、ビジネスでも通用するレベルにまで引き上げられます。

メールを書いてみよう

海外の部署とやりとりするにあたって、英文メールを書く機会が増えるものです。初めて英文メールを書くときには、一文書いていくのにも時間が掛かるでしょう。最初は仕方がありません。でも1回やりとりしてみて、相手に言いたいことが伝わったと分かれば、自分の英語力に自信が付きますよね。英会話にハードルを感じている人でも、メールならまだこちらのペースで文章が書ける分、チャレンジしやすいものではないでしょうか。回数を重ねるごとに、ナチュラルな英文も書けるようになってきます。まさに継続は力なりなのです。

ビジネス英語は、英語での丁寧な表現や、専門用語などを使用する英語です。ビジネス英語を身につければ職場で活躍できるでしょう。

ハンドメイド作品にオリジナルのネームタグを付けてみたい!

オリジナルのネームタグは作れる!

ネームタグとは名入りの小さな札のことです。タグに自分の名前を書いておくことで盗難防止にもなります。ネームタグには、その商品の製造メーカーやブランドなどの製造責任を表す布や革製の商標(トレードマーク)などが記されています。ネームタグは、意外と目をひきますのでハンドメイド用の可愛いタグも市販されています。しかしネームタグは、自作することもできるのです。ハンドメイドの作品にオリジナルのネームタグを付けてみたい!という誘惑にかられる方もいると思います。またタグの素材やデザインによっては、作品の印象も随分違ってきますよ。

アイロンプリントシートでネームタグを作ってみよう!

オリジナルのタグの作り方としては、アイロンプリントシートを使う方法があります。下準備として、まずタグに使うための画像データを作成します。インターネットで無料のクリップアートを検索しても良いし、マイクロソフトに付いているペイントソフトを使って自分自身で絵を描いてみるのもオススメです。そうやってデザインしたオリジナルイラストを、実際にアイロンプリントするタグ用テープの幅の合わせてサイズや位置を調整し、プリンターで印刷していきます。プリントアウトして印刷が完全に乾くまでには時間がかかりますので注意しましょう。タグが完成したら、テープの大きさに合わせて余分なシートをカットしていきます。後は説明にしたがってアイロンがけをして貼り付ければ出来上がりです。文字を工夫したりすると、素敵に仕上がりますよ。またアイロンがけは低温・中温の2回に分けることで、できあがりが綺麗になります。

ネームタグが付いているだけで、迷子になった子どもの身元がわかります。なので、子どもにはメリットがあります。

策定することで非常事態に対応できる!BCP対策の必要性を知ろう

そもそもBCPってどういう意味?

ビジネス継続計画という意味を持つ英語の頭文字による略称がBCPです。BCPを作っておくことの重要性は21世紀初頭から叫ばれていましたが、日本では遅々として導入が進んでいませんでした。ですが東日本大震災をきっかけにBCP対策の重要性が広く認識されるようになり、今や中小企業でもその策定が当たり前となりつつあります。BCP対策は大災害時の非常用マニュアルですが、一般的に知られている避難訓練とは全くの別物です。あくまでも企業の命運を保つことを第一としています。

BCP対策の法的な位置づけはどうなっているの?

BCP対策の重要性は広く知られるようになりましたが、現在の日本においてその策定が義務づけられているわけではありません。ただし多くの自治体がそれを推奨していることは事実であり、問い合わせることで作成マニュアルが容易に手に入ります。もし大災害に見舞われ、社員が死傷してしまうと会社の責任問題に発展する可能性が極めて高くなります。そのようなリスクを考えると、法的強制力がないとはいえBCP対策をしておくことは大変合理的と言えるでしょう。

BCP対策の種類を知っておこう

BCP対策は、国際規格に準じたタイプと自由作成の2種類に大別できます。いずれも企業のビジネスを存続させるという目的は同じですが、作業過程がかなり異なります。国際規格はイギリスが認証するものが最初でしたが、現在はISO規格が主流です。策定難易度は高いですが、取得することで社会的な評価を得られます。我が国におけるBCP対策の殆どは、自由に作成されたもので占められているのが実情です。いずれにしてもBCP対策は数年程度で古くなってしまいますから、適宜その内容の更新が求められます。

BCP対策とは事業が、地震の自然災害や不祥事事件など非常時に事業を継続させるための対策のことです。そういうリスクを想定してあらかじめ対応の手順やマニュアルを作成することです。